ドライバースライス矯正で飛距離アップ講座>ゴルフスイングスライスの直し方

スライスの直し方。
プロからいえばスライスを直すのは簡単で、フックは直らないと良います。
逆に言えばフックが打てればスライスも直るのですが・・・

フックの打ち方

スポンサーリンク

「スライスが直らないのにフックなんか打てるわけない」と言わないでください。フック打つのは難しくありませんから。簡単な打ち方から始めましょう。
まず、決めた飛球線に平行なアドレス、スタンスをとります。
そして、ここからが重要ですが、

右足だけ靴1足分後ろへ引きます。
そして、クラブフェースは飛球線、ターゲットに向いたままにしておいて、右足を引いた分だけグリップをストロングに握りなおします


これだけで打ってみましょう。
クラブの振る軌道はインサイド・アウト。
つまり飛球線より右へ振りますがフェイスの向きがそのままでは、球は右にまっすぐに出てしまいます。そのためフェイスは飛球線方向に向けておかなければなりません


バンカーでも同じ原理です。
球はフェースの向いている方向に飛びます
これを常に頭に入れておいてください。
後は構えて球を打つだけ。暫く打てばフックボールが出ます。

この練習はクラブフェースと球の飛ぶ方向を身につける練習になります

スイング軌道の法則

次はスイング軌道を変えてフックを打ってみましょう。スイングの軌道を変えるは難しくありません。
ボールと体の距離を変えれば良いだけです
いつものようにティーアップしてアドレスして構えます。そこから半歩後ろへ下がります。要はアドレスラインを半歩後ろへ下げるだけで。ボールを上から見ていたものが、ボールの手前横をみる感じになります。そのままの状態でスイングしてボールを打ってみてください。

これはスイング軌道をフラットにする練習です。これだけで恐らく球筋はドロー系に変わります。前上がりのライを思い出してもらえれば判り易いですが、
軌道がフラットになるゆえにフック回転がボールにかかる仕組みです

フックとスライスのさじ加減

以上の方法でフックが出れば、段々通常のアドレスに戻してゆきます
そして、実際のラウンドで使えるレベルの球が出始めたら、そのアドレスでしっかり練習すること。どちらかの球筋で迷ったら真逆の球筋をうちながら、同じようにアドレスをアジャストしてゆくのです。

両方の打ち方ができれば後はさじ加減でどうにでも打てますし、
ミスショットしたときのチェックも容易になります


スライスを直す練習だけにこだわるのではなく、フックを打つ練習から入るのも良い方法です。
是非お勧めします。

QLOOKアクセス解析