ドライバースライス矯正で飛距離アップ講座>どスライス&急失速ドライバー集中治療室

朝一のティーショット。フェアウエイに飛んだはずのボール。 途中からヘロヘロと右曲がりでOBゾーンに消えてゆく悲しさ・・・ (スライスなんか見たくない!)そんなゴルファーに効くクスリ。

今すぐ直したいスライス

スライスする原因は沢山ありますし、それを述べだしたら本一冊くらいはすぐなってしまいます。本来はスイングから直すのが正道ですが、ゴルフ場のティーグラウンドに立ってから、「さてスライスの原因は何かな?」では到底間に合いません。
泥棒に遭って縄をなうようなもの。

1番のティーグラウンドに立つと、やけに右のOB杭が大きく見える。おまけに左からはおあつらえ向けのスライス風が吹きつける。アドレスの狙いはフェアウエイのセンター。だが、白いOB杭が墓標のように思えてくると、自然と体がジリジリと杭が見えない左へと向いてゆくスライサーたち。

スポンサーリンク

そうなるとよけいに怖くなり、一層右にボールを曲げたくないからよけいに左を向いてティーショットを打ちたくなります。ところがこれがスライスOB地獄の入口なのです・・・

極端に左方向を向く。
つまり、目標に対して極端なオープンスタンスとなり、 一層ひどいカット打ちにスイングが変化し、もっとひどいバナナスライスが発生することになります
打ったとたんに右のOBゾーンへ一直線!それを嫌がるあまり左へ引っ掛けて左のOBへまっしぐら。

また、上手く左からまわしてスライスボールがフェアウエイへ。 ところが風はアゲインスト。
スライスボールはアゲインストに弱いため、空中で吹き上がりストップ状態
そして、「ポトッ!」と力なく落ちるボール。 飛距離はアイアンと同じくらいでしょうか。
朝一のOBやヘロヘロ球から始まるゴルフほど面白くないものはない。

虫の良い話だが、その場で簡単に直せる方法はないモノか?そう思うゴルファーも多いはず。
でも、そんな方法もあるのです。ただし、あくまでも応急処置。クスリで言えば劇薬ですから、服用には注意が必要ですが。

やりすぎるともっとひどい症状になりますので・・・

特効薬 クローズドスタンス

クローズドスタンス
言わずとしれたフック系のボールを打つためのスタンス。
「そんなこと、誰でも知っているよ!」と言われそうですが、スタンスの取り方を間違える人が多いのも特徴です。

クローズドスタンスで構えるととき、
ほとんどの人が飛球線方向にスクエアースタンスを取らないで、いきなり左足(右打ちの人ですが)だけを前を出してクローズドスタンスを完成させます
でも、これではフックが掛かりすぎてコントロールできませんし、スタンス事態の方向も飛球線より右に向くことになるので方向性がでません。

フックは球が低くなる傾向がありますし、ランが出て止まらない球筋ですので、あまり極端なフックを掛けると、球が上がらずに逆に距離が出ないことやランが出すぎてラフや左のOBまで転がる危険性があります。

クローズドスタンスの正しい取り方

まず、飛球線方向にスクエアースタンスを取りましょう
そこから右足を少しづつ、後ろへ引き最初は足半分くらいまでにして球筋を見ます
それでいつものスイングをしてボールを打ち、球の曲がり具合を見てみましょう。
それで使えるレベルのスライスならそれでその日はラウンドをすることをお勧めします。
まだ、曲がりがひどければもう少し右足を引いてみます

くれぐれもその日にスライスを直そうとしないこと
あまりスイングをいじりすぎるとメチャクチャになりますので、やりすぎは禁物です。スライスどころかフック、トップなども出ますので気をつけましょう。
まずはその日のラウンド、スコアを優先することにしましょう。

練習は練習場でして、当日のラウンドは楽しむところということをお忘れなく。
適度なスライスを楽しむ心を持てば、ラウンドも楽しいものです

QLOOKアクセス解析