ドライバースライス矯正で飛距離アップ講座>スライス矯正・対策教室 1

ゴルフを始めて何十年、それ以来一貫したスライサーという人も多いでしょう。 ここまでガンコなスライスは付け焼刃ではなかなか直りません。 そこで根本的な治療が必要に・・・対策教室を開講!

スライス矯正の必要な人

スライスを矯正する前に、矯正が必要なタイプかどうか診断することが重要です
まずはその人の体形。スライスしやすいライのことを思い出していただくと理解しやすいと思います。前下がりのライはスライスになりやすいですね。理由はスイング軌道がアップライトになるからです。

スポンサーリンク

同じように、長身の方は普通にスイングしたら軌道はアップライトになり、スライスもしくはフェード系の球が出易いことになります。
長身の方が無理やりスライスを直すことは体系的にムリがあり、効率の良い方法ではありません

また、長身の方のスイングアークは自然と大きくなりますので、飛距離が勝手にでますのでフェードでコントロールする方が有利なこともあります
一方、背の低い方はスイング軌道がフラットになりフックもしくはドロー系の球が出やすいといえるでしょうそのため少し矯正すれば簡単にドロー系のボール打てるようになります

おのおのの体形に合わせた球筋を磨いたほうがスイング矯正の近道であることを、まず念頭におきましょう。

一方、矯正が必要なレベルも色々ありますが、「スライスがひどくてゴルフにならない」という方には、スライスが直らなければゴルフ自体をやめたくなるので、本人には深刻な問題といえるでしょう。
その場合はスライスの根本原因を直す対策が必要となります。

スライスひじ矯正の方法

そこで、矯正方法の1つ目は、腕の使い方を覚えることです
右腕(右利きの方)で球を叩こうとするために脇があいて、アウトサイドインのスイング軌道に。イメージとしては熊手で上からゴミをかき集めるような、かぶせるクラブ使いです。
それを横からはくようなクラブ使いに変えるためには、
右ひじをトップからタタミ、右わき腹に擦るようにする形にしなければなりません

まずは、クラブを持たないで、右手だけでトップから右ひじをわき腹に突き刺す動きを何回も練習しましょう。
それができるようになれば実際にクラブを右手だけに持ち振ってみて、
その感触を体に記憶させてください。

>>>>スライス矯正・対策教室 part2
QLOOKアクセス解析