ドライバースライス矯正で飛距離アップ講座スライス矯正・対策教室 1
>スライス矯正・対策教室 2

左の壁の習得方法

2つ目の方法は、素振りや練習をするときに、左足1本でクラブを振る練習
スライサーの共通の欠点は、アドレスの位置から体が流れてしますこと。
俗に言う「左の壁」が崩れてしまうことです。どんな良いアドレスをとっていても、その位置に体が戻らなければナイスショットは不可能です。

その為には、左の壁を崩さないことが必要になります
左足1本のスイングは左の壁を作るのには最適な練習方法で、連続して素振りしたり、実際に球を打ったりすることでより体得し易くなります。
左足だけで立てない場合は、右足をつま先立ちして体重のほとんどを左足にのせることから始めると良いでしょう。

スポンサーリンク

このときのポイントは、左ひざの高さをスイング中変えないこと。特に、インパクト~フィニッシュまでは下に沈むくらいのイメージを持ちましょう

体が上に伸び上がることによりフィニッシュがとれずに、振り切れないことでフェースが閉じない。そのためにカット打ちになりスライスする。
左ひざが伸びないことにより左へ振り切れ、フィニッシュが取れるようになればきれいなドローボールになってゆきます。

スライス根絶対策

スライスの原因は数多くありますが、自分の体形による球筋を把握したうえで、右手の使い方と左足の壁をマスターできれば簡単に直るものです。あとはそれをやり続ける根気だけの問題です。

「スライスを直したい」という強い思いが一番のスライスを直すための対策と言えます
その情熱でスライスを直してください。

QLOOKアクセス解析