ドライバーのスライス矯正で飛距離アップしたい。ゴルファーならそんな願望を抱いている方も多いはず。
ここでは本格的なスイング改造ではなく、実践的な方法での飛距離アップを考えてみましょう。


スライスでも飛ぶ

まず、スライスでも飛ぶ場合の話からしていきましょう。スライスが飛ばないとは一概に決め付けらません。ドローより時と場合では飛ぶことがあります。具体的には、やや左後方からフォロ-の風が吹いているときなどです。

スライスは風に弱いと思っている方が多いです。確かにサイドやアゲインストのときにはそうかもしれません。風にそのまま持っていかれたり、吹き上げられたりして飛距離をロスすることが多いのですが、フォロー、特に左やや後方からの風はスライスにとっては神風にあたります。

風に乗りやすいスライスは左後方の風に乗り案外飛びます。変にドローを打ったら頭を抑えられて逆に飛びません。ケースよればスライスも飛ぶことを常に頭に入れておいてください。

スポンサーリンク

アゲインストでの打ち方

スライスゴルファーの悩みの種はアゲインスト時のティーショット。吹き上げられて、何処へ球を持っていかれるかわからない状態になります。この場合の対処方法は低い球を打ち球を風の影響の受けないようにすること。答えは簡単なのですが、「スライスしか打てないのに、低い球なんか打てるわけがないだろう!」と反論されてしまいそう・・・

ところが、ドライバーで低い球間単に打つ方法があります。スイング矯正とかの難しい方法ではありません。ただ、アドレスで少し工夫すれば誰にでも感単に低い球は打てます。

その方法とは、まずアドレスはいつもと同じようにセットアップしてください。 そして、変更して欲しい点は2つ。まず、ボールの位置を左足かかとの前からボール3個ほど右へ寄せてください。そして、ドライバーを普段より短めに持って、アドレスするときはヘッドを地面につけずに、空中で釣ったまま構えてそのままの状態でスイングすること。

これだけで低い球が打てます。
理由は、短く構えて、ヘッドを地面につけないことにより、フラットなスイングになりますし、球の位置を中へ入れることにより、ヘッドの進入角度が浅くなり、自然に低い球が打てるようになります。

無風でのドライバー

最後は無風下でのドライバーですが、ここでも良い方法はあります。

アドレスはいつもと同じ。ティーアップする位置も同じにしておきます。
それで構えて打つ体勢に入ったときに、左足つまさきをまっすぐにする。それに合わせて右足つまさきを30度くらい右側に開くのです。これでスイングすればバックスイングが回りやすくなりますし、インパクトではややクローズドのスタンスになっているため、左に壁が崩れません。
そのために、スイングすれば自然とインサイドアウトのスイングになり、ストレートからドロー系のボールが打てるようになります。

これでいつもより簡単に飛距離アップが可能となります。
皆さん、是非お試しください。

QLOOKアクセス解析